オツネンタケ
Coltricia perennis (L.) Murrill

タバコウロコタケ目_タバコウロコタケ科_オツネンタケ属


オツネンタケ 20120914 樽前登山道

 
awful taste 食不適

 夏〜秋 各種森林の林地に発生。
 傘径2〜6前後、全体が強靭な革質〜コルク質、円形で中央がへそ上にくぼむ。
 表面茶褐色〜黒褐色で環紋があり、成長期縁部は淡色、 初めはビロード状の微毛をこうむるが後に裸になる。

 傘裏は暗褐色で、比較的粗大な管孔となる。
 管孔は柄に直生〜垂生し,比較的浅く,かさの周縁部ではほとんど形成されないことが多く,孔口は多角形で暗褐色を呈し,わりあい大型(1〜3個/o)である。
 柄はほぼ傘と同色。
 全体に皮質。
 胞子紋は黄褐色(Golden brown〜Yellowish brown)である。

〔似たキノコ〕
 → 同属のニッケイタケ(C. cinnamomea [Pers.] Murr.) のかさは絹糸状の強い光沢を有し,管孔の縁はしばしば細かく裂けて鋸歯状〜微細な歯牙状となる。胞子紋はYellowish brown。
 → ヒメオツネンタケ(Coltriciella pusilla) は偏心性で小型
 

   
 
若いうちの管孔は灰褐色