オチバタケ
(別名;オオヒメホウライタケ)
Marasmius androsaceus (L.:Fr.) Fr.

ハラタケ目_ホウライタケ科_ホウライタケ属


オチバタケ 20130727 桜山

 
awful taste 食不適

 傘は径 3-8 mm、中央部はやや凹み、赤褐色で周縁部は帯褐ピンク色、放射状の溝線を表す。
 柄は黒色、毛状、堅く強靱、黒色の馬の毛状菌糸束がある。
 7~8月頃、主に針葉樹の枯れ枝や葉上に発生、かすかにニンニク様の匂いがある。
 胞子紋は白色。

〔似たキノコ〕
 → ウマノケタケ のヒダの枚数は少ない。
 → ハリガネオチバタケ は本種より大型。
 → ハナオチバタケ は色が鮮やか。