オロシタケ
Heterochaete delicata (Klotzsch ex Berk.) Bres.
キクラゲ目 キクラゲ科 オロシタケ属


オロシタケ_20170530_白旗山

 
awful taste 食不適

 まるで枝にペンキを塗りつけたような姿の菌類だが、これがコウヤクタケ科でもウロコタケ科でもなく、なんとキクラゲ科の仲間というから驚く。
 ルーペで観察すると判るが、このオロシタケは名前の通り「おろし金」のように細かな突起がビッシリ並んでいる。

 春〜秋に広葉樹の枯れ木に発生。
 背着生で薄い膜状。皮状ではがれやすい。
 表面は汚白色〜橙灰色で成長に伴い互いに融合する。
 表面の子実層には菌糸の集合体でできた褐色の微細な刺が密生する。

新鮮な時は周辺部が白く、円形に広がる。
写真を拡大すると良く判るが
細かな点は一本ずつ針のように立っている。