オオザラミノシメジ
Melanoleuca grammopodia (Bull.: Fr.) Pat.

ハラタケ目_キシメジ科_ザラミノシメジ属


オオザラミノシメジ_20111011_わらべ公園

 
can be eaten 可食

 夏〜秋、針・広葉樹の林地、草地、畑地に群生する。
 傘は7〜15cm、開けば中高の平らとなり、表面は平滑、灰褐色〜暗褐色。
 ひだは直生〜湾生、密、白色、古くなると汚クリーム色。
 柄は7〜10cm、繊維状で傘よりやや淡色。

〔似たキノコ〕
 → コザラミノシメジを大型にしたような印象のキノコ。ひだ面は逆3角形に近い。

表皮は剥がれやすい
 
 傘径16cm ・ ヒダは湾性で密    柄はハタケシメジよりも水っぽい、縦の条線が見える