オオワライタケモドキ(仮)
Pholiota sp.

ハラタケ目_モエギタケ科_スギタケ属

オオワライタケモドキ

 
 unclear 食毒不明

 主に針葉樹立枯木周辺に束生。
 傘径4〜7cm、半球形から中丘扁平、表面湿時弱粘性で、黄色地に茶褐色繊維状鱗片を密着し、中央褐色で周辺黄色っぽい。
 柄は11〜16cmで、上下同径で基部細まり、他の柄と合着し中実〜髄状。表面淡黄色で上方に淡黄色膜質つばを垂下し、その下方は褐色繊維が下方ほど密に覆う。
 肉は白色で無味温和臭。
 オオワライタケと異なり、摩擦しても変色せず、苦味が無い。
 胞子は楕円形で発芽孔小、
  8〜10×5〜6mm

〔似たキノコ〕
 → 外見がよく似たオオワライタケは肉に汗臭いようなにおいがあり、胞子の表面は網状。
 → カオリツムタケ は湿時やや粘性があり、石鹸のような臭いがする。