オニナラタケ
(別名;ツバナラタケ)
Armillaria ostoyae (Romagnesi) Herink.
[アルミラリア オストヤエ]

ハラタケ目_タマバリタケ科_ナラタケ属


ツバナラタケ

 
CAUTION 食注意・

 可食。 秋、やや遅く針葉樹、ときに広葉樹の枯れ木や埋もれ木に束生、群生する。針葉樹に対する病原性が懸念されている。

 カサは丸山型から扁平に開き、周辺部は長く内側に巻く。色は淡黄褐色から淡褐色、暗褐色の片鱗が密生し、中央部ほど密度が高く、周辺に短い条線がある。
 ヒダは垂生からやや湾生、密。初め白色だが、赤褐色のシミを生じのち全体が褐色化する。
 柄は中実。白色膜質で永続性の丈夫なツバが有り、ツバの縁は褐色。
 柄のツバより上はヒダまでつながる条線があり、初め類白色のち淡褐色。ツバより下方は淡褐色綿毛状片鱗に覆われ、バサバサした質感がある。
 肉は白色。無味無臭。カサ部の中央の肉は厚く、表面色を帯びる。

 ナラタケに似るが傘の表面に黒褐色〜黒紫褐色の鱗片を密生、ひだは白色のちクリーム色。柄の上部は淡色、下部は褐色〜黒褐色で鱗片を持つ。上部に白色膜質のつばを有し、つばの縁には暗褐色の鱗片がある。発生時期はナラタケよりやや遅い。

ツバの縁は褐色