ヌルデタケ
Porodisculus orientalis J.S. Lee & H.S. Jung
= Porodisculus pendulus ss. Imazeki

ハラタケ目 カンゾウタケ科  ヌルデタケ属


ヌルデタケ 20120609桜山

 
unclear 食毒不明

 コナラなどの枯れ枝上に垂れ下がるように群生する。
 子実体は小型、高さ5~10㎜、傘と柄からなり、垂れ下がるよう群生し、人の鼻の形に似ているといわれる。

 傘は直径2~5㎜、小杯状、タバコ色~茶褐色、細粉状で環紋はなく、古くなると灰白色を帯びる。
 孔面は倒皿状に窪み、灰白色、縁は内巻き。孔口は5~6個、/㎜、管孔は汚褐色、孔長1~1.5㎜。
 肉は白色、厚さ1~2㎜、柔らかい革質。