ヌメリササタケ(今関)
Cortinarius SP.

ハラタケ目 フウセンタケ科 フウセンタケ属


ヌメリササタケ_20080906_上富良野

 
can be eaten 可食

 秋に、トドマツ、ツガなどの針葉樹林内地上に発生する。 コナラ、クヌギ林などの広葉樹林にも発生するとされるが、それが同種か否かは定かでない。
 「ずるんこ」・「あめんぼう」とか「ぬめりんぼう」とかの愛称で親しまれるグループの代表的なきのこで、 舌ざわり、味ともに良い。

 傘は径3〜8cm、初めまんじゅう形で後にはほぼ平らに開く。
 表面は粘性著しく、オリーブ褐色〜灰褐色、中央部は濃色、周辺は淡紫色を帯びる。
 ひだは柄に上生から湾生し並び方は密で初めは褐色かかった青紫色から淡紫色、後にはさび褐色となる。
 柄は長さ6〜12cm、円柱形、淡青紫色から淡紫色で表面は傘と同様のぬめりがあり、上部には糸状のつばをもつ。

〔似たキノコ〕
 → ツバアブラシメジ C. collinitus (Sowerby) Fr. の柄は本種と同様に、はじめ白色または淡青紫色の粘膜状の膜に包まれているが、後に柄の表面は茶褐色のささくれた虫食い様の模様が現れる。
 → アブラシメジモドキ C. mucosus (Bull.) Cooke の柄は白色。
 → ムラサキズボタケ C. pseudosalor var. niigataensis の傘は全面に皺がある。
 → アブラシメジ C. elatior Fr. の傘にははっきりとしたシワ条線が見える

【注】
 日本産菌類集覧では学名 Cortinarius pseudosalor [non J.E. Lange] sensu Hongo および Cortinarius mucifluus Fr. は誤適用とされている。

_20080906_ kamihurano
_20090911_kinokotenn、傘周辺に薄く条線が見える
_20120926_ kamihurano