ノウタケ
Calvatia craniiformis (Schw.) Fr.

ハラタケ目 ハラタケ科 ノウタケ属


ノウタケ

 
CAUTION 食注意

 初夏から秋,腐植質に富んだ地上に孤生ないし点々と発生する。
 きのこは擬宝珠形~逆円錐形で,頭部と柄とは外観上ははっきり区別しにくい。頭部や柄の外面は赤褐色~橙褐色。
 内部の肉は初めは白いが,次第に黄褐色の古綿状となり,外皮は不規則に剥がれ落ちる。

〔似たキノコ〕
 ダンゴタケの表面はシワがない、柄の基部はしっかりしたスポンジ状。