ニオイコベニタケ
(別名;コベニタケ(川村), ムサシノコベニタケ)
Russula bella Hongo

ベニタケ目_ベニタケ科_ベニタケ属


ニオイコベニタケ

 
unclear 食毒不明

 夏〜秋、マツ林やマツと広葉樹の混成林内の地上に発生する。
 傘は径2〜4.5cm、表面は微粉状で紅赤色、時に濃淡まだらとなり、雨に合えば淡色となる。
 ひだは白色のちクリーム色、ほとんど離生する。
 柄は2〜4cm、表面は淡ピンク色で微粉状。
 肉は白色でもろく、辛味はなく、カブトムシ様の匂いがある。


 似たようなきのこにケショウハツがある。
 両種ともカブト虫様の匂いがする。ただ、本種は小型のきのこなのでケショウハツとは見分けがつけやすい。
 ムラサキカスリタケも同様の匂いがする。

_20160812_naebokouenn _20160812_naebokouenn