ニカワウロコタケ
Gloeostereum incarnatum S. Ito & S. Imai

ニカワウロコタケ属 フウリンタケ科 ハラタケ目


ニカワウロコタケ

 
unclear 食毒不明

 子実体は一年生、単生または数個が重なり発生、無柄。

 傘は半円形〜貝殻状〜耳状で側面および背面の一部で基物につく。幅2〜5p。
 傘表面は白色〜淡桃色のち淡褐色、短い密毛で覆われる。
 肉はゼラチン質の半透明、淡褐色、厚さ2〜5p。乾けば収縮して軟骨質となる。
 子実層面はクリーム色〜淡桃色、細かいしわ状で、やや粉状。
 食用とされる。