ニカワハリタケ
(別名;ネコノシタ, ウシノシタ)
Pseudohydnum gelatinosum (Scop.) P. Karst.

ニカワハリタケ属 ヒメキクラゲ科 キクラゲ目


ニカワハリタケ_宮が丘_

 
can be eaten 可食


 夏〜秋に針葉樹の腐朽が進んだ材上に発生する。小型きのこ。
 カサは半円形で表面に細かい微毛があり、つやはない。
 色は上面が灰色のものと褐色のタイプがあり、下面は白〜黄白色で針状の突起がある。
 柄はほとんどなく側生。
 肉質はゼラチン質。
 胞子はその針の部分にできる。