ニガイグチモドキ
(別名;オリーブニガイグチ)
(同種;オオニガイグチ、ウラムラサキニガイグチ)
Tylopilus neofelleus Hongo
イグチ目 イグチ科 ニガイグチ属


 
awful taste 食不適

 不食。
 夏~秋、アカマツやコナラ林などの地上に発生する。中型~大型きのこ。
 カサ表面はオリーブ褐色~帯紅褐色、帯紫褐色で、粘性がなくややビロード状。
 柄はカサと同色で頂部に細かい網状紋があることが多い。内部は中実。
 肉は白色でほとんど変色性なし、味はきわめて苦い。
 管孔は上生~直生し、最初白色、のち淡紅色になる、変色性無し。
 孔口は最初から紫色を帯びている。

〔似たキノコ〕
 → ニガイグチ Tylopilus felleus の表面の色は淡褐色から黄褐色でほとんどなめらか。