ナギナタタケ
Clavulinopsis fusiformis (Sowerby) Corner

ハラタケ目_シロソウメンタケ科_ナギナタタケ属


ナギナタタケ_20150822_

 
can be eaten 可食

 夏~秋 林下に束生。
 小さな棒状のキノコは、高さ7~10cm前後、10本くらい束になって生える。
 肉質で、先端は尖り、鮮黄色~帯褐黄色、古くなると退色して類白色となり、先端部が褐色となり収縮する。

〔似たキノコ〕
 → これに似た、キソウメンタケは束生せず単生で、先端は円頭だという。
 → ベージュ色のサヤナギナタタケも間違えやすい。
 → ベニナギナタタケは全体に赤色だが退色しやすく、淡ピンク色~鮮紅色。