ミズベノニセズキンタケ
Cudoniella aff. clavus
ビョウタケ目 ビョウタケ科 ミズベノニセズキンタケ属

ミズベノニセズキンタケ_20180520 丸山

 
 Unclear 食毒不明

 ミズベノニセズキンタケは春〜初夏、水辺の倒木や落ち枝上に群生します。
 高さ2〜5p、ほぼ白色〜淡褐色の円柱型の柄に、多少紫色を帯びた丸山形〜頭巾状の子嚢盤をつける。

〔よく似たきのこ〕
 → ニセズキンタケ(Neocudoniella albiceps ) の頭部は塊状で表面は不規則な深いしわや溝がある。
 → クドニエラ・ジャンセセダ(C. junciseda)は地下茎菌落ち葉の上に成長します。
 → ミズタマタケ(青木仮称)は柄の表面に毛が生えている。