ミネシメジ
(別名;アオシメジ、ミドリシメジなど)
Tricholoma saponaceum var. squamosum (Cooke) Rea

ハラタケ目_キシメジ科_キシメジ属


ミネシメジ 2016.10.12. 白旗山

 
CAUTION 食注意・弱毒

 「日本産菌類集欄」ではミネシメジはミドリシメジの和名別名としています。学名上では、ミドリシメジはミネシメジのタイプ種です。
 「北陸のきのこ図鑑」では、柄が煤色をしないものをミドリシメジsaponaceum、煤色のものをミネシメジsquamosum として区別することもあると記されているが中間型もあり区分は難しい。
 北海道ではミネシメジが一般的に通用している和名で、ミドリシメジも含めています。

 可食。ただし、生食すると中毒を起こすので要注意。秋にアカマツ、トドマツ、モミなどの針葉樹林やこれらを交えた広葉樹林内の地上に発生する。

 傘は径3~7cm、半球形からやや中高の平らに開く。
 表面はオリーブ緑色、帯灰褐色、帯白色など色の変化に富むが、若いうちは多少なりとも緑色を帯びる。中央部はより濃色ですす粒状の小鱗片をつけ、全体に水っぽい感じがする。

 ひだは初め淡緑色で後には白くなり、古くなると橙黄色や帯赤色のシミができる。並び方は疎で柄に湾生する。
 柄は2.5~8cm ×8~15mm、表面は帯オリーブ色、平滑または灰色の鱗片をつけ、 柄の基部はしばしば帯褐ピンク色をおびる。
 肉は白色で傷つけばしだいに帯褐ピンク色に変わる。におい、味ともに一種の青くさみがある。

擦れた部分はしだいに帯褐ピンク色に変わリます


ミドリシメジ
(別名;ミネシメジなど)
Tricholoma saponaceum (Fr.) P. Kumm.


ミドリシメジ 2010.10.02. 富良野

_20140923_kimobetu