ミキイロウスタケ
(別名;アシギウスタケ、ミキイロアンズタケ)
Craterellus tubaeformis (Fr.) Quel.

アンズタケ目_アンズタケ科_クロラッパタケ属


 
can be eaten 可食

 夏から秋にかけてエゾマツ、トドマツ、ダケカンバなどの針広混交林の地上に群生する。

 傘は径2〜5cm、初めじょうご形で表面の色は緑褐色から淡黄土色。下面は黄灰白色で脈状のしわひだがある。柄は汚黄緑色。

 食用にできると書いてある図鑑もあるが、きのこが小型のために集めるのには苦労する。


〔似たキノコ〕
 → 

 
ミキイロウスタケ_ 桜山