ミイノモミウラモドキ
Entoloma staurosporum (Bres.) Horak

イッポンシメジ目 イッポンシメジ科 イッポンシメジ属


 
POISON 有毒

 夏から秋にかけて各種の林内地上や地中に半分埋もれた朽ち木上に発生する。ごくごく目立たないきのこ。食毒については不明であるが、同じグループには有毒きのこもあるのでやたらに食べたりしない方が良い。

 傘は初め円錐形で後には中央部が盛り上がった平らに開く。
 表面の色は暗灰褐色で湿っている時は放射状のすじがある。
 ひだは初め灰白色で後には肉色となり、 並び方はやや密で、柄に離生する。
 柄は淡灰褐色でねじれ、根もとは白色綿状の菌糸におおわれている。

〔似たキノコ〕
 →

_20160604_sakuaryama
_20160604_sakuaryama