マムシフウセンタケ
Cortinarius trivialis Lange

ハラタケ目 フウセンタケ科 フウセンタケ属


マムシフウセンタケ 20121019 留産


 
 unclear 食毒不明

 秋にミズナラやコナラなどのナラ類の林内地上や、まれにツガなどの針葉樹林内地上に発生する。

 傘は初め平たい円錐形からまんじゅう形で後にはほぼ平らに開く。色は帯黄褐色からややくすんだ茶褐色で、表面は著しいぬめりがある。
 ひだは初め淡紫色から淡紫褐色で後には黄褐色から茶褐色。並び方は密で柄に上生から湾生する。
 柄は初め白色から淡褐色で後には不完全なリング状に裂けて褐色の地肌をあらわす。 柄の上部にはクモの巣状のつばをもつ。
 つばの上には胞子が落下して、成熟したきのこでは茶褐色となる。