クシノハシワタケ
Lopharia cinerascens (Schwein.) G. Cunn.
タマチョレイタケ目_タマチョレイタケ科_クシノハシワタケ属


クシノハシワタケ_20170802 sirahatayama
すぐ右上に、前年のキノコが茶色になって残っている

 Inedible 食不適 .

 背着生〜半背着生で狭いカサを作る。

 カサの表面は汚黄色で粗毛がある。
 子実層托は灰白色〜淡紫灰褐色、櫛状の低い隆起を持つものから、薄歯状の突起を密生させるものまで独特のパターンを持ち、変化が多い。