クサミノシカタケ
Pluteus petasatus (Fr.) Gillet

ハラタケ目_ウラベニガサ科_ウラベニガサ属


クサミノシカタケ 2011702_桜山

 
awful taste 食不適

 梅雨時から秋にかけて広葉樹の朽ち木上やオガクズ上に発生する。ニワトコの花の様な独特の臭気があり、比較的まれなきのこといわれている。

 傘は径5~15cm、初めまんじゅう形からほぼ平らに開く。
 表面は類白色~クリーム色の地に中央部にはひび割れ状・褐色の鱗片を散布するが、鱗片は周辺部では淡色、不明瞭である。
 ひだは上生からやや離生し、並び方は密、 色は初め白色で後には肉色になる。
 柄はほぼ白色で表面は繊維状、時に根元付近に褐色の鱗片がある。

〔似たキノコ〕
 ヒョウモンクロシメジの柄は白色で表面には銀ねずみ色のささくれがある