クロハツモドキ
Russula densifolia (Secr.) Gill.

ベニタケ科 ベニタケ属


クロハツモドキ 2010.07.06 常盤公園

 
POISON 有毒

 食。ただし生食すると死亡することもあるほど毒性が強いと言われている。
 夏~秋、林内地上に群生~散生。

 傘は径6~10cm、生長すればじょうご形となり、表面は初め白色、のち灰褐色から黒 色になる。ひだは密。
 柄は長さ3~5cm、白色で手で触れると黒くなる。肉やひだは傷つ くと赤変しついで黒変する。
 このキノコの特徴である、ひだが密であり、傷つ けると1~2分で黒色に変化することを確認しておくこと。

〔似たキノコ〕
 → クロハツはひだは厚くて幅広く数えられるほど疎
 → コゲイロハツタケは傷つけても変色しないか、僅かに赤変→灰色、または黒褐色に変色。
 → ニセクロハツ(猛毒)と誤認しないように注意。
 ニセクロハツはひだは疎、傷つけると白い肉がうすい赤褐色に変わるが、黒くはならない。

ひだは密。