クロゲチャブクロ
Lycoperdon purpurascens (Berk. & M.A. Curtis) Sacc.
ハラタケ目_ハラタケ科_ホコリタケ属

 
 Unclear 食毒不明

 夏〜秋、朽木上(腐材)に発生する。
 ほとんど無柄の偏球形、径1〜2.5cm、暗茶褐色〜暗紫褐色で微細なイボ状突起の外皮に覆われる。
 下部は類白色で偽根がある。
 中は幼時白色のマシュマロ状だが、成長すると黄土褐色の埃状になって胞子を作り、成熟して頭部に穴が開くとそこから噴き出る。

 胞子紋は褐色
 胞子は類球形、微刺がある。


〔よく似たきのこ〕
 → クロホコリタケは林内の腐葉上や草地に発生し、黒褐色の微小円錐形突起に覆われる。