クリノイガワンタケ
Lanzia echinophila (Bull.: Fr.) Korf

ビョウタケ目_トウヒキンカクキン科_ランツィア属


クリノイガワンタケ 高澤

 
unclear 食毒不明

 秋に、地上に落ちた古いクリのイガに群生する。普通は空になったイガの内面や割れた断面に群生している事が多い。

 子嚢盤は黒く子座化したクリのイガから生じる。有柄でほとんど平らなビョウ形からやや反り返って凸形になる。
 子実層面はやや赤みを帯びた淡褐色、直径 3-8 mm.、外面はほぼ平滑。縁はほとんど全縁。
 柄は細く短いものが多いが 2 cm. 程度にまで伸びるものもある。下半は黒っぽい。