クリカワヤシャイグチ
Austroboletus gracilis (Peck) Wolfe

ハラタケ目_ オニイグチ科 ヤシャイグチ属


クリカワヤシャイグチ_20090718_桜山

 
unclear 食毒不明

 夏から秋にかけてブナ科の樹木の林内に発生する。味は苦く、食用にはならない。

 傘は初め半球形で後にはまんじゅう形に開き、カサ径は4~8cm前後。
 表面の色は栗褐色から赤褐色、湿ると粘性があり、しばしば細かくひび割れる。
 管孔は柄に上生し、孔口は帯白色のちには帯ワイン色。
 柄は傘と同色、やや隆起した縦条~不明瞭な網目模様をつくる。

〔似たキノコ〕
 → アシナガイグチの管孔は黄色。

_20090718_sakurayama _20090718_sakurayama