クリイロイグチ
Gyroporus castaneus (Bull.: Fr.) Quel.
イグチ目 クリイロイグチ科 クリイロイグチ属


クリイロイグチ

can be eaten 可食

 夏から秋にかけて、針・広混交林の地上に発生する。
 傘は 5〜7cm、まんじゅう形から平らに開く、表面の色は栗褐色から黄褐色で、ビロード状。
 管孔は初め白色で後には淡黄色、柄に上生する。
 柄は傘とほぼ同色。
 胞子紋は淡黄色。

〔似たキノコ〕
 → クリイロイグチモドキは全体の色が黄褐色に近いものが多く、触ると硬く感じる。
 → ビロードクリイロイグチはやや小型、傘は開ききると表面がしばしば細かくひび割れ細点状となる。