クラタケ
Cudonia helvelloides Ito et Imai

ホテイタケ属 ホテイタケ科 リティスマ目


unclear 食毒不明

 秋、林内の地上に群生する

 子実体は高さ2.5〜7cm、有柄で傘形、傘は初め丸山形でのち鞍型となり、径1〜2cm。
 子実層は淡黄色のち淡渋色、いくぶんしわ状、裏面には明瞭なしわがあり、白色のち淡灰褐色となり、綿毛を生じる。
 柄は円柱状あるいは扁平状、基部が幾分太く、傘と同色。
 子褒はこん棒形。8個の子褒胞子を生じ、95〜140μm。無色、平滑、隔膜によって多室となり、40〜60×1.5〜2μm。


〔似たキノコ〕
 → ホテイタケや、ゴンゲンタケと外見が良く似ているため間違えやすい。

20160914 sirahatayama