コムラサキシメジ
Lepista sordida</I> (Schum. : Fr.) Sing.

ハラタケ目 キシメジ科 ムラサキシメジ属


コムラサキシメジ

 
can be eaten 可食

 夏〜秋、庭先、道端、畑地、公園などの地上に群生する。ムラサキシメジと色が似ているが、 発生期間はより長く、形は小型の場合が多い。

 傘は径4〜8cm、高さ2〜8p、初めまんじゅう形で後には平らに開く。
 色はややくすんだ紫色で、きのこの生長とともに退色して白っぽくなる。
 ひだは初めは傘とほぼ同色で後には色あせる。 並び方は密から疎まで変化に富み、柄に対しても垂生から湾生までさまざまである。
 柄はカサとほぼ同色で根もとの部分は白色フェルト状。