コクサウラベニタケ
Entoloma nidorosum (Fr.) Quél.
工事中
ハラタケ目_イッポンシメジ科イッポンシメジ属


コクサウラベニタケ 20111015 桜山

 
POISON 有毒

 初夏から秋にかけて,広葉樹林内の地上に群生する。

 傘さは径3~5㎝、灰色~肌色~くすんだ淡黄褐色など(中央部は濃色)で,しばしば中央部が窪み、またはなだらかな中丘を備え,湿った時には周縁部に放射状の条線条線をあらわすが,乾くと消える。
 ひだはやや密~やや疎で,柄に上生~離生あるいは隔生し,初めはほぼ白色であるが成熟するとピンク色となり,胞子紋は帯褐桃色を呈する

 柄は白色~灰白色で絹糸状光沢があり,中空。
 肉は薄くて脆く壊れやすく、汚白色、傷つけても変色せず、味は温和であるが、しばしば不快な刺激臭がある。グアヤクチンキでゆっくりと淡緑色に変わる。


〔似たキノコ〕
 → 類似する クサウラベニタケ は子実体も胞子もより大きく,かさは最初からほとんど条線をあらわさない。
 → スミゾメシメジにやや似るが、ヒダの色の変化や、胞子の形で区別できる。

周縁部に放射状の条線をあらわす  コクサウラベニタケ 20111015 桜山
 コクサウラベニタケ 20110925 大沼