コフクロタケ
Volvariella volvacea (Bull.:Fr.) Sing.

ハラタケ目_ ウラベニガサ科_ フクロタケ属


コフクロタケ 20121112 烏柵舞


can be eaten 可食

 夏~秋、林内の腐木上に発生。
 傘は径約4cm、表面は灰褐色、粘性は無い、繊維状に裂け地膚を表す。
 ひだと茎は離生している。微毛が茎とひだの間を覆っている。
 柄は長さ4~5cm、根もとのつぼは帯黒褐色で微毛に覆われ、裂け目がある。
 胞子紋は褐色。
 胞子は広楕円形で平滑、6~7.5×4~4.8μm。


〔似たキノコ〕
 → クロフクロタケは本種より大型、傘径5~10㎝
 → オオフクロタケは湿っている時、粘性がある。

コフクロタケ 20121112 烏柵舞