コゲチャヒロハアンズタケ
Hygrophoropsis bicolor Hongo

イグチ目  ヒロハアンズタケ科  ヒロハアンズタケ属


コゲチャヒロハアンズタケ 2008.08.30 桜山


 
POISON 有毒

 トドマツなどの針葉樹の腐朽倒木上に群生~束生するカヤタケ型の中形のきのこである。

 傘は径 5~6cm、初めまんじゅう形から平らに開きついには浅いロート形になり、縁部は不規則に波打つ、表面は橙色をおびた暗褐色で、乾燥し、細かいビロード状。
 肉はほぼ白色で軟らかく、特有のにおいがある。
 ひだは柄に長く垂生し、幅狭く、鮮橙色、密、くりかえし二又に分かれる。
 柄は長さ1.5~2.5cm、やや偏心性、中空、表面はややビロード状または平滑で、橙色あるいはやや暗褐色。

〔似たキノコ〕
 → ヒロハアンズタケに似るが、傘の表面が暗褐色を帯びること、樹上に生えることで見分けることができる。
 → コブミノカヤタケの表面はナメシ皮状。