コゲエノヘラタケ
Spathulariopsis velutipes (Cooke & Farl. ex Cooke) Maas Geest.
リティスマ目 ホテイタケ科  コゲエノヘラタケ属


コゲエノヘラタケ

 
awful taste 食不適

 夏から秋にかけて山地のカラマツ林、ツガ林や広葉樹林の落葉上に群生する。

 きのこはしゃもじ形で、淡黄色から卵黄色。
 柄は茶色~焦げ茶色で下部に向かって太くなり、柔らかい短毛を密生している。短毛は古くなると脱落する。
 頭部はヘラタケより暗色で、しわを生じるなどの特徴がある。

〔似たキノコ〕
 ヘラタケの柄は白色~淡黄色で、ヘラ部分の色より淡色。

コゲエノヘラタケ_20090822_桜山