コガネネバリコウヤクタケ
(別名; コガネコウヤクタケ)
Corticium chrysocreas Berk. & M.A. Curtis (北海道きのこ図鑑・旧コウヤクタケ属)
Phlebia chrysocreas (Berk. & M.A. Curtis) Burds.(北海道のきのこ・旧シワウロコタケ属)
Current Name; Crustodontia chrysocreas (Berk. & M.A. Curtis) Hjortstam & Ryvarden.
タマチョレイタケ目_Incertae sedis科_コガネネバリコウヤクタケ属


コガネネバリコウヤクタケ_20160428_滝野

 
awful taste 食不適

 広葉樹の枯れ枝等に発生し、材の白色腐朽を起こす。

 子実体は樹皮面に密着し、はがれない。
 表面は平滑~やや疣状でひび割れを生じ、
 KOH (水酸化カリ液)をつけると紫色になる。

〔似たキノコ〕
 → コガネコウヤクタケ(Aleurodiscus aurantius) はアカコウヤクタケ属

コガネネバリコウヤクタケ_20141116 丸山_