コバリナラタケ
Armillaria jezoensis Cha & Igarashi

ハラタケ目_タマバリタケ科_ナラタケ属


コバリナラタケ

 
 can be eaten 可食 -

 腐朽根株あるいは枯死木上に群生~束生する。

 まんじゅう形~平らなまんじゅう形、表面は乾き、暗黄褐色、全体に黄褐色~暗褐色の小針状の鱗片をかぶる。
 柄は褐色、折れやすい、つばは白色、繊維状またはやや膜状で、薄く剥がれやすく、早失性。

〔似たキノコ〕
 → オニナラタケも子針状の鱗片を持ち、白色膜質で永続性の丈夫なツバが有り、ツバの縁は褐色
 → クロゲナラタケのツバも早失性。