キチャワンタケ
Caloscypha fulgens (Pers.) Boud.

チャワンタケ目 キチャワンタケ科 キチャワンタケ属


キチャワンタケ 20110508_桜山

 
 Inedible 食不適

 早春、針葉樹林内地上に散生する。
 桜山では 2011年に大発生したが、その前後はまったく発生がありません。

 子嚢盤は半球形から浅い椀状に開き、縁は裂け目が入ることも多い。直径 2 cm程度までのものが多く肉質は脆い。
 子実層面は黄色ないしオレンジ色で平滑だが時に皺状になる。普通数個体が群生して美しい。
 外面は、幼菌時は黄色〜白っぽく、傷ついた部分や、触った所はゆっくりと青緑色になる。 ほとんど無柄か、短い柄がある。

〔似たキノコ〕
 本種の胞子は球形であるが、キンチャワンタケAleuria rhenana Fuckel の子のう胞子は楕円形、無色、表面に網目模様がある。

 
     キチャワンタケ_20150517_丸山
 
子のう胞子     子のう胞子