キヌモミウラタケ
Entoloma sericellum

ハラタケ目 イッポンシメジ科 イッポンシメジ属


キヌモミウラタケ_20140824_丸山


 
POISON 有毒

 夏から秋にかけて、主に広葉樹林の地上、崖地などに散生。

 傘径1~2cmの小形菌、初めまんじゅう形から平らに開き、表面は粘性無く白色、絹状光沢を帯びる。
 ヒダは直生、やや疎で、初め白色だがやがてピンク色を帯びてくる。
 柄は傘と同色、絹状の光沢があり、2~4.5㎝、中実~中空、基部に白色短毛を密生する

〔似たキノコ〕
 → 

_20160807tomakomai _20160807tomakomai