キヌメリイグチ
Suillus americanus (Peck) Snell

イグチ目_ヌメリイグチ科_ヌメリイグチ属


キヌメリイグチ 2009.07.30 南沢公園

 
can be eaten 可食

 秋、五針葉マツ類樹下、ストローブマツの下でしばしば大発生することが知られている。
 近郊では白旗山で採取しているのを毎年見かけます。

 傘は径3〜10cm、やや円錐形、のち平らに開く。表面は黄色〜淡灰褐色、粘性があり、帯褐色の鱗片を付け、傘の縁に綿くず状の被膜が残る。
管孔はやや垂生、傷つけるとやや褐色変。
柄は淡褐色〜帯橙褐色の細かい粒点を付け、これは古くなると黒褐色になる。

〔似たキノコ〕
 → ゴヨウイグチ も五針葉のマツ類の下に発生するが、柄が白っぽいなどの違いがある。

キヌメリイグチ 南沢公園 2009.07.30