キクラゲ
Auricularia auricula (Hook.) Underw.

キクラゲ目 キクラゲ科 キクラゲ属


キクラゲ_定山渓_

 
Edible mushroom 食用

 春から秋にかけて各種広葉樹の枯れ木上に群生する有名な食用きのこである。
 きのこの形は円盤状、耳状、チャワンタケ状など変化に富む。背面の一部で枯木に付着する。

 内面(胞子を形成する,窪んだ面)は外面とほぼ同色または淡色,しばしば脈状に隆起した不規則なしわを有し,湿った時には光沢があり,成熟すると白い微粉を生じる。
 背面は粗毛で白色、表面は暗褐色で滑らか
 肉は薄く,鮮時には水分が多くて弾力に富んだゼラチン質・半透明で淡褐色,乾くと堅い膠質となり,ほとんど黒色に変わるが,充分な水分を得ると再び生時の状態に戻り,ほとんど無味無臭。


〔似たキノコ〕
 → アラゲキクラゲの背面は灰黄色〜灰褐色で、直立した白い毛に密に覆われる。

キクラゲ_20090716_学びの森