キヒモカワタケ
Phanerochaete filamentosa (Berk. & M.A. Curtis) Burds.

タマチョレイタケ目_マクカワタケ科 マクカワタケ属


 
Inedible 食不適

 針葉樹および広葉樹枯枝に発生し、子実体は全背着生、膜状に薄く広がり剥がれやすい、平滑、淡橙黄色~汚赤褐色。
 周辺部に菌糸束が形成され、周縁の成長部は淡黄色。
 KOH水溶液で赤紫色に変わる。
 シスチヂアは紡錘形で結晶に覆われる、1菌糸型。

〔似たキノコ〕
 → ヒイロハリタケの子実層面は針状。
 → キヒモカワタケモドキ はヒモカワタケ属 。