カラハツタケ
Lactarius torminosus (Schaeff. : Fr.) S. F. Gray
ベニタケ目_ベニタケ科_カラハツタケ属


カラハツタケ_20181013_桜山、大きい個体は傘径15cm

 
 Inedible 食不適

 夏から秋にかけてカンバ類の林内地上に発生する。カラハツタケの名のとおり非常に強い辛味があり、猛烈な辛味のため毒キノコとみなされたが、毒はないとされる。

 傘は径5〜15cm、初め中央のくぼんだまんじゅう形で縁部は内側にまきこむ。後には平らに開き、最後にはじょうご形となる。色は淡赤褐色から橙黄褐色で濃淡の同心円状の模様がある。表面は綿毛状の軟らかい毛でおおわれる。

 ひだは淡黄色から淡肉色で並び方は密。
 柄は4〜8cm、直生からやや垂生する。柄は傘とほぼ同色で中空。
 ひだや柄を傷つけると白色の乳液を出し、この液は変色しない。


〔似たキノコ〕
 → ムラサキイロガワリハツ の乳液も始めは白いがすぐに紫色に変色する。
 → シロカラハツタケ
 → ムラサキキカラハツ は傷つくとやや紫色に変色する。