カンムリタケ
MItrula paludosa

ビョウタケ目 ???科 カンムリタケ属


カンムリタケ_20140525学びの森

 
awful taste 食不適

 春、秋湿地や沼地の枯葉等の沈殿物に群がって生える。

 子実体は頭部と柄からなり全体が柔らかくややゼラチン質。頭部は棍棒形、細卵形などで表面はほぼ平滑、黄色、淡いアンズ色ないし黄橙色。

 傘(子嚢盤)は円柱形で、7~8mm、鮮黄色。
 柄は高さは3~4cm、半透明白色、径 1-2 mm. で平滑だが下半の水浸した部分は菌糸が薄い綿状に伸びる。
 子嚢は円筒形、8胞子を2列に生じる。
 子嚢胞子は長円筒形、無色薄壁。


〔似たキノコ〕
 → 名前の似たヒメカンムリタケは ヒメカンムリタケ科 ヒメカンムリタケ属。

子嚢胞子