カマドシメジ (青木仮称)
Lyophyllum sp.
ハラタケ目_シメジ科_シメジ属

 
 Can be eaten 可食 .

 秋 クヌギなどの広葉樹林内の焚き火跡などに発生するやや肉厚の中小型のシメジ。ヤケノシメジは更に小型、薄肉で柄は細く暗褐色であるが、本種の柄はやや太く肉質で白色です。
 『日本きのこ図版』に仮称で掲載されている。

 カサの径は4〜7cmくらい、帯褐暗灰色で、中央部は濃色。
 ヒダは白色で密で薄い、直生ないし垂生状の直生
 柄は白色で中実、多少繊維状ないしほとんど平滑、一般にやや短く、長さの割合にはやや太い。


〔よく似たきのこ〕
 → 傘表面に粉状の模様がある場合はハタケシメジ に似る。
 → 柄の上部が太まるとシャカシメジ の単体に似る。

カマドシメジ_20140824 丸山