カバイロタケ
Leratiomyces squamosus var. thraustus (Kalchbr.) Bridge & Spooner
ハラタケ目 モエギタケ科 ミヤマツバタケ属


 
 unclear 食毒不明

 林内や畑に生える樺色のきのこ。

 傘は径2~6cm(あるいはそれ以上)、半球形から開いて平らになる。
 表面は湿っているときやや粘性があり、かば色~赤褐色。周辺部にははじめ黄白色の被膜の名残が散在しているが脱落しやすい。
 肉は白~黄白色、しばしば表皮下または全体に赤橙色をおびる。
 ひだは直生し、密、はじめほぼ白色、のち帯灰色から暗紫褐色~黒褐色となる。

 柄は細長く5~13cm×0.3~1.0cm、繊維質で硬く、中実または中空、成長段階によっては中心に白い髄がある。
 柄の表面に粘性はなく、つばより上部では白~黄白色で粉状、つばより下部では細かい繊維状のささくれを生じる。
 つばは幅狭く、脱落しやすい。


〔似たキノコ〕
 → ミヤマツバタケは本種のタイプ種。