イヌセンボンタケ
Coprinellus disseminatus (Pers.) J.E. Lange

ハラタケ目 ナヨタケ科 キララタケ属

 イヌセンボンタケ

クリックで拡大  
awful taste 食不適

 春~秋に、広葉樹や針葉樹の切り株、朽ち木、切り株などに群生するキノコ類。無毒であるが非常に小形かつ肉薄なので,食用としての価値はない。

 傘は1~1.5cm。初め卵形のち鐘形、成長に伴って白色から灰色に変化します。
 傘の表面には長い条線があり、肉はうすい膜質で壊れやすい。
 傘の裏のひだは疎である。ひだは初め白色のち黒色になるが、液化しない
 柄は長さ2~3.5cm、太さ0.5~1mmで、初め微細毛を帯びるがのち無毛となる。半透明で極めて細く脆いため、軽く触っただけで崩れ落ちてしまいます。

 胞子は黒色。
 

 
  傘の表面には長い条線がある
クリックで拡大 クリックで拡大