ホウキタケ
(別名;ネズミタケ)
Ramaria botrytis (Pers. : Fr.) Ricken

ラッパタケ目_ラッパタケ科_ホウキタケ属


ホウキタケ

 
can be eaten 可食

 可食。秋に各種の林内地上に発生する。場所によっては巨大なシロを形成し、1カ所で大量に取れることもある。
 きのこはサンゴ状で先端部分を除いて白色。根もとはひとつにまとまって太く、地中深く埋まっている。高さ15cm、径15cm以上に達する大形のホウキタケ。

 白色で丈夫な太さ3〜5cm、円柱状の柄から枝を分け、先端部は多数の小枝の集合となり、カリフラワー状になる。
 枝表面は白色、成熟すると淡黄土色〜灰褐色、平滑。
 枝の先端部は淡紅色〜淡フジ色で美しい。

※食べられるホウキタケ
 コホウキタケの胞子はホウキタケと酷似する。
 コノミタケは能登地方で重宝されており、高額で取引される。
 ウコンコノミタケの胞子もホウキタケと酷似する。
 アカアザホウキタケは柄の一部や基部が赤褐色〜暗赤色。
 ウスムラサキホウキタケは成熟につれ、赤紫色⇒褐色。
 チャホウキタケモドキ は小形菌。
 ハナホウキタケの仲間のコノミタケは食べられる。