ヒメチシオタケ
Mycena sanguinolenta (Alb. & Schw.: Fr.) Kummer
ハラタケ目 ラッシタケ科  クヌギタケ属


 
awful taste 食不適

 春~秋、落ち葉や落ち枝上に発生する。
 子実体は超小型。傘は 5mm程度で円錐形、淡灰褐色~暗赤褐色、条線を有する。ひだは白色~肉色を帯び、縁部が暗赤褐色に縁どられるのが特徴である。
 傷つけると赤色の浸出液を出す。
 柄は傘と同色、長さ1.5~5㎝程度、中空、円柱形で細く、基部に白色の短毛を有する。やや堅い軟骨質で、もろくて折れやすい。


〔似たキノコ〕
 → チシオタケ(M. haematopus [Pers.: Fr.] Kummer)は,ヒメチシオタケに比べてより大型であり、かさの周縁部にしばしば小さな膜片をぶらさげること、ひだが赤褐色に縁取られないこと、通常は腐朽した材上に発生することなどにおいて異なる。