ヒメスッポンタケ
Phallus tenuis (Fisch.) Kuntze

スッポンタケ目 スッポンタケ科 スッポンタケ属

 
awful taste 食不適

 発生時期:夏〜秋
 発生環境:林内の腐朽木上
 
 高さ7〜10cm 、幼菌は卵状、白色。のち裂開して傘と柄を伸ばす。
 傘表面には網目があり、暗緑色で悪臭を放つグレバをつける。
 菌糸網は苔の下の樹皮内側に広く張りめぐっている。


〔似たキノコ〕
 → よく似た種類にキイロスッポンタケがあるが、同種は柄の泡状の組織が2〜3層ある(ヒメスッポンタケはその組織が1層からなる)。



 
柄の泡状の組織は1層   柄の泡状の組織は1層
 
ヒメスッポンタケ20160619モラップ   ヒメスッポンタケ20160619モラップ
ヒメスッポンタケ20160619モラップ