ヒメオトメノカサ
Cuphophyllus subniveus (Imai ) (ined.)
= Camarophyllus subniveus (S. Imai) S. Ito
ハラタケ目_ヌメリガサ科_オトメノカサ属

 
awful taste 食不適

 針葉樹腐木上に発生
 傘は径0.5~1.5cm、白色~類白色、やや粘性
 ひだは深く垂生し、白色~類白色


〔似たキノコ〕
 → コオトメノカサ(オトメノカサ属)は本種よりやや大型、ヒダは深く垂生、傘径は1.5~3.0cm、針葉樹林内の地上に発生。
 → シラウメタケモドキ(クヌギタケ科)、傘径は 0.2~0.9cm、ひだは直生し白色で疎、根元に放射状の白い毛あり。
 → シロコナカブリ(クヌギタケ科) 、傘径は 0.4~0.9cm、ヒダはほとんど離生。柄の表面は白色で微毛に覆われる。