ヒメコンイロイッポンシメジ
Entoloma coelestinum (Fr.) Hesler var. violaceum (Kauffman) (ined.)
ハラタケ目_イッポンシメジ科_イッポンシメジ属


 
unclear 食毒不明

 春~秋、針葉樹・広葉樹林内の落葉上、またはコケ類の間に発生する美しく可憐なキノコ。

 傘径は1.5cmくらいまでの小さなキノコ、後に反り返り、中央が小高く微細な繊維状で条線がある。
 柄は長さ 2~5cm、色は暗青紫色で、微細な繊維状、中実。
 ヒダは淡青紫色で、柄に直~上生して少し凹む 、のち、この属の特徴である肉色になる。


〔似たキノコ〕
 → コキイロウラベニタケ の表皮は黒~暗紫褐色
 → ウスアオモミウラタケ (仮称)の傘は淡青色地に紺色鱗片が中央密に、周辺ほど細粒で疎らにつく。
 → ソライロタケにも似るが、名の通り紺色で更に小形なので区別できる。