ヒメコナカブリツルタケ
Amanita farinosa Schw.

ハラタケ目 テングタケ科 テングタケ属

 ヒメコナカブリツルタケ_20160904 kodomonokuni

POISON 有毒

 有毒種と考えられている。ツルタケという名がついているが、さや状のつぼはない。
 夏から秋にかけてマツとブナ科の樹木の混ざった林内の地上に発生する。

 小型で、傘は初め半球形で後にはほぼ平らに開く。表面の色は銀白色から灰褐色で、粉状の外皮膜が残り放射状の溝線をもつ。
 ヒダは柄に上生から離生し、白色、並び方はややあらい。
 柄は白色で中空。つばはもたない。根もとはやや膨らみ、傘と同様の粉状のつぼの名残におおわれる。


〔似たキノコ〕
 → よく似た小型のテングタケ属の仲間にヒメコガネツルタケがあるが、傘は帯褐黄色から帯黄土色なので区別できる。